福岡大学英語学科ブログ

136. オープンキャンパス2021

毛利史生 2021年 8月14日  カテゴリー: 教員 | イベント

皆さん、雨は大丈夫でしょうか。自分の記憶の限りでは、こんなに長く続く秋雨前線がお盆の時期に停滞したことはありません。今年は秋が早いかもしれませんね。どうぞご自愛くださいますように。

本日は、過日行われたオープンキャンパスの模様です。今回は、福岡で感染者数が急増したことに伴い、直前に対面のイベントは中止となり、唯一オンライン模擬講義が開催されました。英語学科の配信模擬講義をハウ先生が担当されました。YouTubeでライブ配信されましたが、視聴してくださった方もいたと思います。

続きを読む ...

134. 坂井先生、日本英文学会のシンポジウムに登壇!

毛利史生 2021年 6月1日  カテゴリー: 教員

先月末のことですが、本学科の坂井准教授が第94回日本英文学会のシンポジウムの講師として登壇されました(コロナ禍のためオンラインでの開催でした)。

-------------------------------------------------------

日本英文学会第 93 回大会  シンポジア (午前 10 時 00 分~午後 1 時 00 分)

第 8 部門

舞台をめぐるアメリカ、アイルランドと日本  伝統と革新を再考する

司会・講師 滋賀大学教授 真 鍋 晶 子

講師 東京農工大学名誉教授 佐 藤 容 子

講師 福岡大学准教授 坂 井 隆

講師 東洋大学講師 佐 藤 里 野

--------------------------------------------------------

「伝統と革新を再考」。このテーマ、文学の領域から語るとは興味深いものです。

学科の仕事もサクッとこなす坂井准教授。先月、このような大仕事が待っているにも関わらず、ひょうひょうと大学で仕事をされていました。また、このような大仕事をしても、何事もなかったように月曜からの日常を過ごす坂井先生でした。自分だったら、「やった感」満載でハイテンションで大学で新しい週を過ごしていたことでしょう。。。そこが坂井先生の違うところです。さすがですね。いや~、この学科には学内外で「できる人」と評されている方が多いんですよ!

坂井先生、これからのご活躍も期待しています!

 

 

132. 岩崎先生、『フラッシュ』翻訳本出版

毛利史生 2021年 3月12日  カテゴリー: 教員

皆さん、こんにちは。

本日は、本学科の先生のご活躍をご紹介。渡部准教授のLEのツイッターでもご紹介されていましたが、本学若手ホープの岩崎先生が幻戯書房より翻訳本を出版されました。凄いね!

ヴァージニア・ウルフの『フラッシュ』の翻訳本です。

 

続きを読む ...

131. 王子を囲む会

毛利史生 2020年 3月4日  カテゴリー: 教員

みなさん、こんにちは。

このブログでもアナウンスメントしていましたが、「人文学部事務室の王子」の送別会を王子を囲んで行いました。本日はその模様を。

続きを読む ...

127. 教職員駅伝大会ご報告(前)

毛利史生 2019年 12月23日  カテゴリー: 教員

みなさん、こんにちは。

過日のブログでもご報告してました、第56回教職員駅伝大会ですが、無事に終了しました。やっぱり、今年も楽しかった。我が英語学科駅伝部からは2チームがエントリーしました。山川さんを中心とした「翔子さんと愉快な仲間たちチーム」と秋好先生を中心とした「礼子さんと愉快な仲間たちチーム」です。結果は如何に?果たして2連覇は成し遂げたのか??本日はレース前半戦の模様をお届けします。

続きを読む ...


次ページ →
- 1 - [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]