福岡大学英語学科ブログ

144. 先輩と語る ご報告

毛利史生 2018年 1月22日  カテゴリー: 在学生 | 卒業生

みなさん、こんにちは。今週はグッと冷え込むようです。ご自愛くださいますように。

本日は、先月暮れに開催致しました「先輩と語る」のご報告です。報告が遅れまして申し訳ございません。

続きを読む ...

143. 卒論発表会

毛利史生 2018年 1月18日  カテゴリー: 在学生

みなさん、お元気ですか。明日から学期末試験で、現在、夜のキャンパスも多くの人が残っています。この季節ならではです。

さて、私のゼミで恐縮ですが、以下の日程で卒論発表会を開催致します。1,2年生、そして3年生のみなさん、試験期間中ですが、合間を見て足を是非運んでください!

卒論発表会

日時:1月23日 13時  場所:A810

 

続きを読む ...

142. 卒論提出(II)

毛利史生 2018年 1月8日  カテゴリー: 在学生

みなさん、こんにち。今日は成人の日。成人の日をお迎えした方々、心よりお喜び申し上げます。大人としての自覚をもって日々の生活を送ってください。

さて本日は、成人式をとうに過ぎた4年生の卒論提出の模様です。

 

 

続きを読む ...

141. 福田ゼミ、東京で!

毛利史生 2017年 12月31日  カテゴリー: 在学生

みなさん、こんばんは。今年最後の更新になります。大晦日、いかがお過ごしでしょうか。しばらく「英語学科ブログ」にアクセスできない状態が続いておりましたが、古賀先生の速やかなご対応で無事に回復です。古賀先生に改めて感謝です!

さて、2017年最後の更新は、福田先生から頂いた「福田ゼミレポート」です。そのままお伝え致します。

-----------------------------------------------------------

続きを読む ...

140. 決戦は土曜日!

古賀恵介 2017年 12月7日  カテゴリー: 在学生

少し(かなり?)遅ればせの御報告になりますが、英語学科の学生たち、頑張っています。

このたび、第6回全国学生英語プレゼンテーションコンテスト(神田外語グループ・読売新聞主催)の2次予選(東京大会)に、福田ゼミの学生諸君および4年生の二人が出場することになりました。

決戦は今度の土曜日(12月9日)です!

■ 大会概要 http://www.kandagaigo.ac.jp/contest/outline/

■ 本選詳細 http://www.kandagaigo.ac.jp/contest/information/

出場までの経緯を福田先生にお伺いしましたので、以下、御紹介いたします。

続きを読む ...

139. あの人は今

毛利史生 2017年 10月25日  カテゴリー: 在学生 | 卒業生

皆さん、こんにちは。またしても久しぶりの更新です。

英語学科では、現在2年生たちがゼミを決めるために先生方の研究室巡りをしています。写真の3人ですが、そんな研究室巡りの合間に、ちょっと立ち寄ってくれました。英語学科ブログを心底愛するこの3人、文化・文学コースのいずれかのゼミに配属される予定ですが、現在お悩み中とのこと。。。

ちょっと、マツユキさん、ますます風格が出てきたのでは?!

 

さて本日は、大人気コーナー「あの人は今」です。お一人は夏に私の研究室に立ち寄ってくれた方で、紹介できずにいました。もうお一方は、かつて秋好研究所の研究所長を務めていたあの方です!

 

続きを読む ...

138. 学会シーズン到来!そしてあの人も登場

毛利史生 2017年 10月1日  カテゴリー: 在学生 | 教員

みなさん、こんにちは。もう10月、今年もカウントダウンがスタートしそうな勢いで進んでいきます。怖い!!

秋は学会シーズンです。我らが英語学科の先生方も全国大会でご活躍されます。まずはご紹介。本学科のシェイクスピア研究者である鶴田先生が第59回シェイクスピア学会で研究発表されます。

第59回シェイクピア学会(近畿大学東大阪キャンパス)

2017年10月7日(土)

「我々の宴」再考――『あらし』の宮廷上演と宮廷説教   鶴田学(福岡大学)

 

 また、本学科の多田先生も11月の英語学会のワークショップでご発表されます。メンバーは、MIT時代の同僚の方々です。

第35回日本英語学会(東北大学川内北キャンパス)

ワークショップ(第4室)「非顕在的統語操作の発展と拡張」 企画者 浦 啓之(関西学院大学)

司会者 浦 啓之(関西学院大学)

発表者 多田 浩章(福岡大学)「演算子の非保守性と作用域の反再構築」

発表者 浦 啓之(関西学院大学)「演算子の分配/関数的解釈と非顕在操作」

発表者 岡 俊房 (福岡教育大学)「一致と非顕在的移動」

実は、多田先生の発表ですが、その一部を本学で8月に開催した「言語と言語教育プロジェクト」セミナーでお話して頂きました。やっぱり、レベルが高い、面白い内容でしたよ。。

さて本日は、そのセミナー後に開催した打ち上げの模様をお届けします。あの人も登場しますよ!誰?!

続きを読む ...

135. Voice from 福原先生 in Calgary (2)

毛利史生 2017年 8月24日  カテゴリー: 在学生 | 教員

本日、2回目の更新です。カルガリーにいる福原先生から声が届きましたよ。そのまま掲載いたします。

クサバちゃん、見てる?福原先生からですよ!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

続きを読む ...


← 前ページ  次ページ →
[1] [2] - 3 - [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]