福岡大学英語学科ブログ

福岡大学学園祭 七隈祭

毛利史生 2019年 11月8日  カテゴリー: 在学生 | イベント

皆さん、こんにちは。

今週は本学でも学園祭が開催されました。大いに盛り上がったようです。その学園祭の様子を樋渡先生が写真と共にお届けしてくれました。樋渡先生、ご多忙のところいつもありがとうございます!!

 

福岡大学第64回学園祭「七隈祭」が11月2日(土)から4日(月)にかけて開催されました。

 

災害復興掛け橋隊「てっちゃん堂」では、朝倉で採れたサツマイモを使っておさつスティックを販売していました。英語学科3年生の吉原くんが中心になって活動している災害復興ボランティアのサークルです。同じく3年生の芳野くんも復興支援のためにおさつスティックの販売に力を注いでいました。模擬店前では、復興支援のボランティア活動のようすをおさめた写真が展示されています。普段は教室で一生懸命に英語を勉強している2人の姿しか知りませんでしたが、学外でも災害復興のために尽力していたとは知りませんでした。本当に感心なことです。

 

 

E.S.S.研究会のブースでは唐揚げを販売していました。以前もスピーチコンテスト受賞のお知らせをしたことがある4年生の庄崎くんと西原くんの4年生コンビが、後輩の模擬店を応援しに駆けつけていました。引退したあとも後輩のようすを見に来てくれるなんて優しい先輩ですね。唐揚げ販売の手伝いもして、後輩をサポートしていました。唐揚げ、美味しかったですよ。

 

最後は、初日のイベントで集客力が最も多かったダンスサークルXtra(スペルミスではありません)で踊った2年生の京太郎くんを紹介します。キレのいいヒップホップダンスを踊って周囲を盛り上げていました。かっこよかったです。ダンスの練習、本当に頑張っているんですね。ずっと踊りっぱなし、というのは相当に練習しないと息が続きませんよね。京太郎くんか軽々と楽しそうに踊っていました。学生の皆さんのご家族も観客席にカメラを持って応援されていましたよ。

-------------------------------------------------------------

樋渡先生、本当にありがとうございます。吉原君、芳野君の二人は、ボランティア活動も精力的に頑張っているんですね。本当に感心します!