福岡大学英語学科ブログ

Welcome Back, Howe-sensei!!

毛利史生 2019年 4月19日  カテゴリー: 教員

皆さん、こんにちは。

毛利からの更新は2か月ぶりとなります。更新してなかったものですから、学内の方や卒業生からご心配のお声を頂きました。ご心配おかけしたことをお詫びするとともに、心温まるお言葉に心から感謝申し上げます。

前回のブログ更新(2月28日)で、Tim先生とランチしたことをお伝えしましたが、その夕方に体調が急変しまして、気づけば病院に搬送されておりました。まだ、リハビリ中ではありますが、少しずつ回復しております。英語学科の優しい同僚の先生方のお気遣いとご理解、そしてサポートのお陰です。本当にうちの学科は心優しい先生方ばかりなんです。

そして、もう一人心優しい先生、かつ、我々の親友が英語学科に帰ってきました。

Howe先生です!

在外研究のオーストラリアから帰ってきました。2月に体調を壊した時には、すぐに連絡を頂き、励ましの言葉も頂きました。研究に集中している時でしたので、心配かけたことは申し訳なかったです。ハウ先生、イギリスはケンブリッジ、南アフリカ、そしてオーストラリアの大学で研究に従事し、世界の様々な言語の普遍性や多様性を研究しておりました。

1年ぶりの日本での再会、心から嬉しいです(でも、Howe先生人気者です。在外期間中も、多くの友人、同僚たちが日本から会いに行ったみたいですよ)。

帰国後は、個人的なプライベートのことをたくさん話してます。体調を壊してますが、Howe先生の愛に救われる感じです(勿論、他の方々からも)。。。人は愛で生まれてくるけど、愛によって救われるんだなと、つくづく実感しました。本当にHowe先生、おかえりなさい!!今日は元気レベルが2%快復しましたよ!

これからも、学生たちのこと、卒業生のこと、学科のこと、近況報告します!