福岡大学英語学科ブログ

仕事図鑑2017 発表会

毛利史生 2017年 6月27日  カテゴリー: イベント

こんにちは。

新年と思いきや、もう折り返し地点を過ぎようかとしています。そんな折、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

さて本日は、過日行われました「仕事図鑑発表会」の模様をお伝えします。英語学科からは3年生のアライさんとヤマシタさんが発表しました。

今年の4月に完成しました「仕事図鑑2017」ですが、今回で3回目となります。これは、在学生が職業世界で頑張っている卒業生を訪ね、お仕事、会社、そして業界のことを取材したものをまとめた冊子です。大学生として、具体的なキャリアプランを描くことが大切なことです。このプロジェクトは人文学部の学生たちのキャリアプランの一役を担うものなればと思いスタートした企画です。

以下の写真は発表会の模様です。お二人の活躍をどうぞご覧ください。

こちらは日本語日本文学科の学生たち。いやー、英語学科の前に発表した文化学科、日本語日本文学科、教育臨床心理学科の学生たちの発表、堂々としたものでした。勿論、英語学科の二人も頑張ってくれましたよ。

順番を待つ二人。心臓の音がこちらまで聞こえてきます。もう笑うしかありません。

さー、いよいよ出番です。まずはヤマシタさんから。

あれ?!あまり緊張していません。それもそのはず、目線の先には??

なんと、福田先生!!ゼミ生のヤマシタさんを優しく見守りながら写真撮影です!愛が伝わります♡

続いて、アライさん。

こちらも落ち着いていました。そうなんです。

アライさんを見つめるオクタン、、、がいるから!!

発表を終え、安心する二人。達成感の安堵の表情かな。。。。

「やることはやりました!」みたいな?!

最後は、フロアー全体でのディスカッションタイム。この時間が結構有効な時間なんですよね。人文学部内の違う学科の人たちと貴重な情報交換ができます。

なんと、ヤマシタさん、ご指名で質問がきました。

ここが一番緊張したかも。

 

最後は私の研究室で反省会!

今回はお二人ともお疲れ様。でも貴重な経験になったと思います。

卒業してキャリ世界に飛び込むことに少なからず不安と恐怖もあるかもしれません。でもそれは、知らないことからくる漠然とした恐怖でもあります。職業世界のことを知り、世の中を知るということで、抱いている不安も軽減されます。そして同時に、やりたいことがたくさん見つかります。

これからも我々は皆さんのキャリア形成をお手伝いしていきます!二人ともGood Job!!