福岡大学英語学科ブログ

先輩と語る

毛利史生 2017年 1月2日  カテゴリー: 在学生 | 卒業生 | イベント

新年明けましておめでとうございます。

今年も英語学科、並びに英語学科ブログをよろしくお願い致します。

みなさん、いいスタートを切れましたでしょうか。私は箱根駅伝の山登り5区に白熱しすぎて、中継が終わった後は、自分も20キロ走に出かけました(すみません、5キロです)!

さて本日は、昨年暮れに2日連続で行われましたキャリア支援セミナーのご報告です。1日目は人文学部主催の「先輩と語る」です。

 

今回お招きしたのは、英語学科卒業で、現在、福岡放送アナウンサーの髙﨑恵理さんです。

髙﨑さんは、2014年のテレビ朝日放送系列主催のコンテストのナレーション部門でアナウンサー大賞を受賞された方です。一度会えば好きになる魅力的な女性で、彼女の声は本当に人を魅了しますね。

 

僭越ではありますが、私との対話形式でセミナーを進めさせて頂きました。アナウンサーのお仕事、女性のキャリア形成、ワークライフバランス、久保先生の一言等々、私も仕事を忘れて髙﨑さんとの会話に没頭しました。

参加者は10名強でしたが、モーチベイションの高い方ばかりで、質疑応答もかなり盛り上がりましたよ。英語学科だけではなく、経済学部や法学部からの学生さんの参加もありました。この写真からもお分かりのように、参加者のレベルは高かった!

終始笑顔の伊藤先生!

フロアーからの質問に答える髙﨑アナ!

セミナーの後も参加者の相談に乗っていただきました。

最後は研究室に立ち寄ってくれた秋好先生とのツーショット。笑顔の福の神!正月から縁起がいいかも。

今回は髙﨑さん、ありがとう。女性がキャリアを形成する上で考えさせられることが沢山あったと思います。社会全体で取り組むべき問題も当然ありますが、個々人が卒業後の5年後、15年後の青写真を在学中に描いていく必要があると思います。キャリアを考えることは自分の人生を考えることでもあります。英語学科では今後もキャリア教育に取り組んでいきます。