福岡大学英語学科ブログ

研究会

毛利史生 2016年 7月21日  カテゴリー: 卒業生 | 教員 | イベント

みなさん、こんにちは。
北部九州も梅雨明け宣言があり、真夏モード全開です。福大も今日で授業が最後でした。みなさんお疲れさまでした。今週末からの試験、頑張ってください。

さて本日は、佐賀大学の先生を招いて研究会を行いましたので、その模様を少しお伝えします。その研究会ですが、私には知識がない「統計」について佐賀大学の先生にレクチャーしていただきました。出席者は、私と留学生別科の鄭さん、そして現在、私と共同研究をしているカワリュウさん、そして最後に、佐賀大学の先生が連れてきたスーパー助手です。スーパー?だれなの?

 


外国語教育の研究をする上で、アンケートを取り、データを収集していくわけですが、収集したデータを数値化する手続きに関しての初歩的なレクチャーをしていただきました。講師は、オクスフォード大でPh.Dを取得し、その後ポスドクで福大にも籍を置いていたハヤシユウコ先生です。その美貌から、かつて福大生に「美しすぎる」大学教員として知られていました。ご多忙中にもかかわらず、時間を割いていただき心から感謝です。無知な私にもわかる明瞭な解説で、今後の研究に大いに活かせそうです。でも、九大で統計を学んだカワリュウサン、大いに頼んだよ!


研究会の後は、私の研究室でティータイム。実は今回、助手としてソルジャーもお手伝いに来てくれましたよ(キャー!!)。統計に関しては、ソルジャーもかなり知識があり、研究会でもソルジャーにかなりご教授していただきました。今後、ソルジャーなんて気安く呼べなくなるかも。。。。


最後は私も。

改めてハヤシ先生の研究の質の高さを感じると同時に、ハヤシ先生の下で研究しているソルジャーの確実な成長も肌で感じた研究会でした。ハヤシ先生、ソルジャー、今回は本当にありがとうございました。