福岡大学英語学科ブログ

Philadelphia Diary Final

毛利史生 2016年 5月23日  カテゴリー: 教員

こんにちは。What lovely weather !!

みなさん、いかがお過ごしですか。ブルグのネタが結構たまっていますが、j時間がなく更新できずにいます(すみません)。編集でき次第、可及的速やかにお届けします。

本日は、Philadelphia Diaryの最終回です。

 

無事に発表も終え、翌日の気楽な最終日の模様から。
最終日は午前中で終了です。週末後は、今年も、学会事務局の方々と記念撮影です。覚えてくれていたような、覚えてくれていなかったような。


毎年、ペンシルバニア大の院生たちが運営している学会です。来年は運営メンバーの中心が後輩に移るとか。

午後は、少し市内散策に出かけます。昨年と違い、最終日は雪が降る寒い一日となります。ですから、3日前の気温と20度くらい開きがあって、服装調整が本当に大変です。


去年も行ったので、行くべきではないと思いつつも、向かった先がフィラデルフィア美術館。


ロッキーステップ!!

やるべきではないと思いつつ、やってしまったロッキーポーズ!

ごめんなさい。


こちらが本物。


ロッキー像の前は長蛇の列なんですね。

そんなこんなで、翌日の帰国の日を迎えます。帰りは、関東のほうから来られていたJapaneseの言語学者の方とシカゴまで一緒の便でした。おかげで楽しい移動となりました。

搭乗前に食べたウェンディーズLサイズ!やられた!


彼はJAL便でしたので、American 航空に登場する私とはここでお別れ。やはり賑やかなシカゴ国際空港!今回は、クランベリースコーンを食べる時間なし!What a shame!!!!!

実は、登場後間もなく、前に座っていた日本人客とちょっとしたトラブルがありながらも、気持ちを落ち着かせながらのランチタイム(ちっちゃいことなんですが、私のちっちゃい人間ぶりをお聞きになりたい方は個人的にお話しします)。


すぐにランチ!やっぱりボリューミーやね。学会の疲れをビールで癒しながら、なおかつ完食です!


実は帰りのアメリカン航空機、行きとは打って変わって最新式で、映画も十分に堪能できました。14時間弱のフライトでしたが、あまり苦になりませんでした。こちらはスナックね。


この映画も見れましたよ。面白かったので、帰国後すぐにTsutayaでチェック!「新作」扱いでしたが、すべて貸し出し中でした。現在は「準新作」扱いですが、今でもかなりの率で借り出されています。

仮眠しつつ、夢見心地で映画を見つつで、今回も無事に帰国です。弾丸日程の旅でしたが、いい出会いあり、大きなトラブルなしの旅でした。改めてみなさんに感謝です。次回は番外編(ちっちゃい人間編)です!