福岡大学英語学科ブログ

野球道

毛利史生 2014年 9月9日  カテゴリー: 教員

こんにちは。
昨日は中秋の名月、皆さんはどのように過ごされましたでしょうか。

さて本日は、本学科の学生たちからのリクエストが多かった渡部先生のお話です。昨年の4月に「新しい先生の紹介」ということで渡部先生をこのブログで紹介しました。実はあのブログ、学生たちの反響がすごく、第2弾の「取材」をしてくれとの声も多く寄せられました。取材ではありませんが、先週末、渡部先生とヤフオクドームに行くことになりましたので、先生の素の部分をたくさん見ることができましたよ。

9月5日の金曜、私と渡部先生、そしてお仕事でお世話になっている方の3人でヤフオクドームへとホークスの応援に行きました。実は、私たちが座った席は、な、な、な、なんとコカ・コーラシートです。


グランドレヴェルから見る野球はまさにfantastic!!

渡部先生、ストップウォッチは持参されていませんでしたが、野球をデータ分析しながら観戦していました。私は月並みなことしか知りませんが、渡部先生は違います。各チームの戦術やプレーヤーの調子は勿論のこと、選手の入団時の情報まで先生の頭脳にはインプットされています。キャッチャー細川の入団当時の50メートル走のタイムを教えていただいた時には、思わず、「あなただったんですね。野球の神様は!」と尋ねてしまいました(心の中で)。渡部先生と野球に行くと本当に楽しいですよ!


野球場が劇場化しています!


左、渡部先生、右は変な人!


さらにコカ・コーラシートが素敵なところは、leg spaceが広いこと。そして渡部先生のグラブにご注目!中指をちゃんと出しています!基本が違います!


最後に7回裏が始まる前のジェットフーセン!

大学ではミステリー作品を扱って学生たちを魅了する渡部先生。研究や英語は勿論、先生の趣味のお話を聞くのも大変楽しいですよ。皆さんも、先生からたくさんのことを引き出してみてくださいね!