福岡大学英語学科ブログ

人文学部主催 キャリア支援セミナー

毛利史生 2014年 7月14日  カテゴリー: 在学生 | イベント

こんにちは。

今月の2日、人文学部主催のキャリア支援セミナーが開催されました。今回は、人文学部1年生のためのセミナーで、英語学科の学生は勿論、多くの人文学部生が参加しました。

本日は、その模様をお届けします。

 

今回のセミナーの講師を務めていただいのは、教育臨床心理学科の寺崎先生と植上先生です。まずは、「大人になる」ことの問いかけから始まったこのセミナー、学生たちも真剣に将来を考えることができた大変有意義なセミナーでした。また、人文学部で今学んでいることが、社会に出ること(大人になっていくこと)とどう関係しているかも考えさせてくれました。90年代とは異なる社会構造を知った上で、自分なりの「大人へのなり方」を模索しなくてはなりません。福大生の特徴をしっかり押さえたうえで、かゆいところまで手が届くようなセミナー内容でしたよ。また、二人とも話が明快で、しかも常に学生たちとのインタラクションを意識した緊張感ある90分でした。


会場も一体感に包まれます!


手前左側、お馴染みのナッツ。マイクを渡された時も、立派な振る舞いを見せてくれました。最近のこのブログへの登場回数では、今やダントツ!(ソルジャー、危うし。巻き返しはあるのか?!)
 そして右奥は、英語学科のMr.ミステリーこと、渡部先生。2年生のミステリーを扱った授業は、学生たちの間で大人気とのこと。とある2年生、「最高です!1週間が待てません!」。実は、渡部先生、今年のオープンキャンパスで模擬講義を担当してくれます。高校生の皆さん、是非、お見逃しなく。


講義の間に、一度リフレッシュタイム。みんなでストレッチです。

キャリアを考えることは、将来を考えることであり、自分を見つめることでもあります。これからも、英語学科の「基礎演習」では、皆さんのキャリア形成について話し合っていきたいと思います。