福岡大学英語学科ブログ

World Cup in Fukuoka Univ.

毛利史生 2014年 6月24日  カテゴリー: 教員 | イベント

みなさん、こんにちは。なかなかブログが更新できず申し訳ありません。お届したいことはたくさんありますので、時間に余裕ができましたら、もう少しコンスタントに更新していきますね。

皆さん、ワールドカップは盛り上がっていますか。私もついつい見入ってしまいます。イングランドチーム、まさかの一次リーグ敗退でしたね。これまでのとこ、個人的には、ポルトガルとアメリカの試合が最高に興奮しました。そして、日本代表もリーグ突破をかけて明日、リーグ戦最後の試合です。まだまだお楽しみは続きますね。

そんなワールドカップの前哨戦とも言える熱い戦いが、七隈キャンパスでも行われたんですよ。

 

実は、ドイツ語学科の堺先生、フランス語学科の鈴木先生、朝鮮語の松崎先生、スペイン語ご専門の土屋先生、4人のパネラーによる福大第2外国語ワールドカップ応援合戦が開かれました。4人ともサッカーを深く愛し、サッカーキャリアも相当のものです。驚くことに、パネラーの一人である松崎先生、2002年のワールドカップでは、韓国代表チームに通訳として同行したほどの強者です。

私は、会議のため、応援大会には参加できませんでしたが、出陣するパネラー二人に偶然出くわしたので、思わずパシャリ。英語学科には楽しく学生思いの先生がたくさんいますが、他の外国語学科も負けていません。


左、堺先生(ドイツ語)、右、鈴木先生(フランス語)。なんと鈴木先生、開成高校時代は、不動のサイドバックとして大活躍(あの開成高校のサイドバックとは、、すごい!!)


常にサービス精神を忘れない堺先生、素敵です!!


結局、堺先生、ドイツのフラッグを身にまといながら、目の前から消えていきました。どこに行ったんだ!?

このように、福岡大学では、英語でなく、他の外国語も楽しく学ぶことができます。英語に加えて、もう一つ別の外国語も駆使できる、そんな人材になりたくないですか。私もワールドカップを見て、フランス語をもう一度勉強したくなってきましたよ。