福岡大学英語学科ブログ

祝 卒業(パーティー編)

毛利史生 2014年 3月27日  カテゴリー: 在学生 | 教員 | イベント

続きましてパーティー編です。

今年の卒業パーティーは、グランドハイアットで行われました。会場も広く、そして美味しい料理もお酒も十分にあり、相当に楽しめました。

 


真ん中は、司会を務めたコマッキー。


大いに盛り上がったビンゴ大会!


盛り上がりも最高潮。ガッツポーズも飛び出します!


頭脳派、渡部先生もビンゴ!中身はIPadか?!


嬉しさのあまり、ナッツも思わず、「ビンゴ!」


ツンデレタイプのナッツ、満面の笑みです。貴重なワンショットかも!


宴もたけなわ、叫ぶ人まで。


さすが久保先生の一眼レフカメラです。アドバイズィーたちの可愛さが一際、際立っています。AKBの中でユニットを作ってもおかしくないかも(おかしいです)。


最初にリーチ宣言をされた山内先生も、やっとビンゴです。


3人同時にビンゴになったので、じゃんけんで決めます。


な、な、な、な、なんと、当たったのは伊藤学科主任。


別れを惜しみつつの記念撮影。


終始、大人気の久保先生。


私が得意とする、遠近ショット!手前、照れながらもツーショットに入るキサヌキさん。その後ろ、人文学部の式典で司会で登場した福原先生。学生たちも大喜びだったとのこと。その奥、小さく映っているのが、笑顔の秋好先生。英語学科卒業生たちも喜んでくれるはず。わかる?


一緒には卒業できなかったハラ君(右)。久しぶりに会って、積もる話もできました。左はツマガリ君。入学当初は、少し尖った感じもありましたが、4年間でかなり丸くなりました。いい男になったなー。英語学科は人を変えます。


やっぱり最後はセンターでおいしいとこをもっていく、イシイ君。

入学したのがつい先日のように感じています。これから、どんな困難を迎えても、英語学科で過ごした4年間を胸に乗り切ってください。人は苦労の分だけ大きくなります。苦労なしには大きなものを得ることはできません。でも、少し傷ついたときは、立ち止まって、そして「英語学科ブログ」で学生時代を懐かしんでください。皆さんの活躍大いに期待しています!