福岡大学英語学科ブログ

学会続き

毛利史生 2014年 1月17日  カテゴリー: 在学生 | 教員 | イベント

昨年11月に本学で開催された英語学会から2か月が過ぎましたが、つい先日のように感じてしまいます。まさに、It feels like just a few days ago that the conference was held. How amazingly fast time passes !!

昨年にもこのブログで学会の模様をアップしましたが、続きはまだか、という嬉しいお問い合わせを頂きましたので、遅ればせながら本日お届けします。久保先生からもきれいな写真を頂きましたので、より臨場感のある学会の雰囲気をご覧ください。

 

 

前回のブログでは、前日の準備の模様、学会初日までご紹介しました。今回は、久保先生のカメラで別のアングルからもお楽しみください。


会議室の会場設営を終えた3人。左から、留学生のシューさん、スーちゃん、キング。何やら右の2人、現在イタリアを周遊中とのこと。ちょっとどういうこと!!


これは、会議室から出るごみを集める袋を設置しているところです。


休憩中の4人。ナッツ(左から2番目)の写真、いろいろ探しましたが、なぜか休憩中の写真しか残っていませんでした。ちょっと、どういうこと?


久保先生と英語学科3年生。


来校者に予稿集を渡すナガトモさん(右)。先月、京都で開かれたスピーチコンテストで4位入賞です。英語の発音もいいし、声もいい!


福岡・博多情報のパンフレットを並べた机の前に移動してきたMr.シラネ!九州男児自ら福岡の街をアピールしたようです。


続きまして、キャンパス「ひだまり」で行われた懇親会のシーンです。


まずは、和太鼓の「おもてなし」!!


大学院生のズシダさんを囲む3年生男子!少し放心状態のM。


そしてズシダさんにアピールする男たち。「誰が一番素敵ですか?」おバカさん!

続いて学会最終日の模様です。

早朝からスタンバイOKです。左は、大会前日の早朝のお手伝いにもきてくれたミズキさん。中1日の再登場です!


控室の模様。こちらは1年生のテーブル。時計回りで、オダさん、ナガトモさん、マナベ、トイタさん。面白いメンバーが集まったな。


おっと、気付かなかったが、切れ長の目をしたツキノ君(奥)、またハーレム状態ではないか。


こちらはシンポジウム会場の1つでスタンバイする学生たち。左、マナベさん、最近人気急上昇らしいです(某氏談)。


学会終了後、オオバ会長より労いのありがたいお言葉を頂戴しました。実は、学生たちはもちろん、教員スタッフも今回は本当に貴重な体験をさせていただきました。学会事務局と大会本部の責任者でありました本学科山田先生のご苦労は相当のものであったことは言うまでもありません。

英語学科の学生たちが学年の垣根を越えて、一つのことをやり遂げる貴重な機会でした。また、たくさんの人と出会えたいい機会にもなりました。このように、学年を超えて触れ合える機会がもっと増えればよいと思っております。学生たちからの要望もありまして、来年度は、福原先生とフットサル大会も計画中です。みなさん、奮ってご参加ください。勿論、男女混合チームです。我らが誇る教員チームの無敵ゴールキーパー、ハウ先生の鉄壁の壁を、是非、打ち破ってください。

 

番外編:
実は、学会が終わった数週間後に、打ち上げも行われました。ほーーんの一部だけ。。。

南山大から戻ってきたキド君とタニガワ先生。


Mr.シラネ、今宵も絶好調!!

このブログではお馴染みのフナッチャン(左)、そして右はズシダさん。


最後は、うつむいた顔が哀愁を漂わせていたツキノ君。どうした?!そして屈託のない笑顔のフナッチャン!横顔がすでに酔っているMr.