福岡大学英語学科ブログ

賀正

毛利史生 2014年 1月3日  カテゴリー: 在学生

新年、明けましておめでとうございます。
皆さんにとって、2014年が素敵な1年になりますように。今後とも、英語学科ならびに英語学科ブログのほうもよろしくお願いいたします。

新年ですので、本日は新春「喜びのスマイル」をお届けします。昨年末に無事に卒論を提出したアドバイズィーとその友人たちの笑顔です。


まず最初は、多田ゼミの二人です。左、アドバイズィーのニシカワさん(通称、リンゴ)と久保先生のアドバイズィーのキサヌキさん。


秋口には、少し心配そうな表情をしていたリンゴちゃん。安どの表情を浮かべています。この写真は久保先生に卒論完成を報告しに行ったときに撮った写真。


その後、私の研究室に立ち寄った二人。完成の報告ではなく、ただパンチを貸してくれとのこと。たまたま居合わせたジョウキンちゃんとフナッチャンからも祝福され、照れるお二人。

少し時間差をおいて、松尾キャサリン先生のゼミ生たちです。キャサリン先生の厳しい指導の下、しっかり卒論を仕上げました。立派なもんです。真ん中は、アドバイザーとして1年のときから接することの多かったまいちゃん。


左、フジノさん。声も振る舞いも落ち着きがあります。もはや大人の貫録。ブログ初登場の3人、感想は?「嬉しいです!!」

今月は、ゼミ単位で卒論発表会も行われます。詳細はこのブログでも報告いたします。英語学科の学生は勿論、英語学会以外の方の参加も大歓迎です。是非お越しください。