福岡大学英語学科ブログ

卒業生の声

毛利史生 2013年 5月15日  カテゴリー: 卒業生

こんにちは。今日の日中も汗ばむ陽気でしたね。しかし、5月はまだ空気が 乾燥していますので、木陰では風が気持ちいいですね。

さて本日は、英語学科を2年前に卒業し、現在は本学職員として頑張っている卒業生をご紹介します。今回紹介する卒業生は、2011年卒業のモトムラ君です。モッ君ことモトムラ君は、本学科で英語の教員免許も取得し、教員としての道も考えたようです。ですが、大学での仕事を希望したモッ君は、現在、本学の学術情報課の職員として、学生の学業や教員の研究サポートに従事してくれています。私も本当に助かっています。そんなモッ君ですが、英語の力も相当のものですよ。

実は、このブログでよく「イケメン」という言葉を使ってきましたが、このイケメンの基準に高いハードルをもつ女性陣が案外多いことをこのブログの反響から知りました。しかし、今回は自信がありますよ。モッ君は、凛とした顔つきをしたさわやか系イケメンです。



実際はJINのあの人にも似ているんです!

モッ君の現在の部署は昨年開館したばかりの新中央図書館で、学生は勿論、教員の研究支援にも従事してくれています。私が探す洋雑誌の検索も懇切丁寧に手伝ってくれます。落ち着きがあり、そして同時に親しみやすいモッ君です。「今度、イケメン卒業生としてブログで紹介していい?」と私が尋ねると、「番外編でお願いします」と即答。謙虚な一面もモッ君のいいところですね。

実は先週、4年生アドバイズィーたちを連れ立って本学図書館のモッ君に会いに行きました。忙しい時ではありましたが、快く私たちを受け入れてくれました。就職活動に励む彼女たちにアドバイスは勿論のこと、お勧めの本も紹介してくれましたよ。さすがイケメン、心もイケメンです。


イケメンを横に少し緊張した面持ちのアドバイズィーたち!!

皆さんも探している本がありましたら、2階受付で尋ねてみてください。モッ君が懇切丁寧に教えてくれますよ。是非、図書館で新しい世界に出会ってください。


日本一とも言われる本学図書館の1Fロビー。