福岡大学英語学科ブログ

卒業生の声(7):平井 綾さん

毛利史生 2012年 8月28日  カテゴリー: 卒業生

皆さん、こんにちは。お元気ですか。1週間ぶりの更新です。
本日は、H17年に卒業した平井 綾さんを紹介いたします。平井さんは現在、日本を離れ、遠くカナダで頑張っています。本学科の樋渡先生を通して、英語学科ブログのほうにメッセージと写真を届けてくれました。平井さん、ありがとう!
--------------------------------------------------------------------
初めまして、平井綾です。今でも忘れない学籍番号LE010702、卒業して5年以上も経ってしまいました。大学卒業するまで福岡から離れた事がなかった私は、今カナダ バンクーバーで保育士をしています。中学生からの夢、“海外生活”が実現しようとしています。

英語の音や文化に興味があった私は、高校留学を考えたものの福岡大学へ進学しました。特にアメリカの文化に興味があったので、ジェファソン先生の米文学や樋渡先生の英会話の授業は楽しかったです。今では、授業に出てきた事を体で体験できてゾクゾクしています。“あ~!! これ、授業であった~!!”っと思い出すのです。読み、書きの授業はあまり好きではなかったですが、ジェファソン先生を捕まえては話かけて、英語を使う事にワクワクしていました。本当に、良い先生達に恵まれたと思っています。

卒業後、私は就職せずカナダへワーキングホリデーで1年間行きました。どうしても海外生活をしてみたくて。このときもどの国に行くかで悩み、樋渡先生に相談してカナダという国を知って以来7年が経ちます。カナダとの出会いは、本当に大きなものになりました。

1年間の滞在だけで海外生活の夢を諦めようとしていたのですが、帰国後1年半福岡でアルバイトをした後、長期滞在を目指してもう一度カナダに行きました。この2回目の渡加は、カナダで就職するという大きな挑戦でした。私は学校という環境で働く事に興味がありました。しかし、カナダの学校で英語が第2言語の私が働くのは厳しく、さらに日本語学校で働く気はなく、どうしても英語に浸った環境で働きたい希望がありました。調べた結果、3歳から5歳の幼稚園や保育園の仕事は需要があり、資格を取るにも1年ほどで取れるという事だったので、保育士の道を選びました。久しぶりの学生生活は大変でした、毎日の英語での授業に、思った以上の課題の量、そして卒業後に就職できるかの不安がありました。でも諦めずに頑張れたのは、クラスメートの協力と私がいつも心に留めている言葉があったからです。
『”今”やらなきゃ永久にせん』
ワーキングホリデーに行く前に、たまたま見つけたポストカードの言葉です。ついつい先のことを考えがちですが、目標を決めたらそれに向って毎日頑張るのみだと思います。その”今”という時をのがしたら、次は無いと思います。

幸運にも、実習先で就職が決まり3年半が経ちました。そして今は、カナダ移民になろうとしています。また、新たな挑戦の時を迎えています。

今しかない大学生活、思いっきり楽しんでください!!
どんな目標でもいいから、それに向って挑戦してみてください!
平井 綾

ps.もし私の海外生活に興味があれば、私のブログにも遊びに来てみて下さい。
http://ameblo.jp/miracle82/


How cute!



この言葉、胸に応えます!
--------------------------------------------------------------------

平井さん、素敵なお便りありがとうございました。世界で頑張っている人のお話は、本当にいつも刺激的です。そして平井さんにとって樋渡先生とジェファーソン先生の影響はとても大きかったようですね。このメッセージを頂いた後、樋渡先生より平井さんがカナダ永住件を取得したことを伺いました。海外で闘っている平井さんは、とてもたくましいです。これからも頑張ってくださいね。是非、また英語学科ブログのほうにご寄稿ください。お待ちしております。

p.s.
平井さんのブログ、相当面白いです。早速「お気に入り」に登録しました。英語学科ブログとともに「お気に入り」への登録よろしくお願いします(ぺこり)