福岡大学英語学科ブログ

323. 卒業生の声(カワカツ君)

毛利史生 2017年 10月11日  カテゴリー: 卒業生

皆さん、お久しぶりです。なかなか更新できずに申し訳ございません。面白いブログネタが結構届いております。今日から積極的に更新します!

さて本日は、福田先生から頂いた「卒業生の声」をお届けいたします。今年の3月に卒業したカワカツ君からです。カワカツ君は現役で埼玉県の教員採用試験に受かり、4月から新天地で頑張っていますよ。

------------------------------------------------------------------------------------------

続きを読む ...

322. 学会シーズン到来!そしてあの人も登場

毛利史生 2017年 10月1日  カテゴリー: 在学生 | 教員

みなさん、こんにちは。もう10月、今年もカウントダウンがスタートしそうな勢いで進んでいきます。怖い!!

秋は学会シーズンです。我らが英語学科の先生方も全国大会でご活躍されます。まずはご紹介。本学科のシェイクスピア研究者である鶴田先生が第59回シェイクスピア学会で研究発表されます。

第59回シェイクピア学会(近畿大学東大阪キャンパス)

2017年10月7日(土)

「我々の宴」再考――『あらし』の宮廷上演と宮廷説教   鶴田学(福岡大学)

 

 また、本学科の多田先生も11月の英語学会のワークショップでご発表されます。メンバーは、MIT時代の同僚の方々です。

第35回日本英語学会(東北大学川内北キャンパス)

ワークショップ(第4室)「非顕在的統語操作の発展と拡張」 企画者 浦 啓之(関西学院大学)

司会者 浦 啓之(関西学院大学)

発表者 多田 浩章(福岡大学)「演算子の非保守性と作用域の反再構築」

発表者 浦 啓之(関西学院大学)「演算子の分配/関数的解釈と非顕在操作」

発表者 岡 俊房 (福岡教育大学)「一致と非顕在的移動」

実は、多田先生の発表ですが、その一部を本学で8月に開催した「言語と言語教育プロジェクト」セミナーでお話して頂きました。やっぱり、レベルが高い、面白い内容でしたよ。。

さて本日は、そのセミナー後に開催した打ち上げの模様をお届けします。あの人も登場しますよ!誰?!

続きを読む ...

321. 卒業生 木戸君より

古賀恵介 2017年 9月20日  カテゴリー: 卒業生

英語学科の卒業生で、このブログにも数回ならず登場している木戸君から便りがありましたのでご紹介いたします。

木戸君

木戸君は現在、神戸大学大学院に所属していますが、この夏から米国のコネチカット大学に留学し、言語学の勉強を深めています。因みに、コネチカットは、米国東部のニューヨークより少し北にある州です。

コネチカット州
(地図をクリックするとグーグルマップが表示されます。)

(以下、木戸君より)---------------------------------------

続きを読む ...

319. Delightful Wedding(2)

毛利史生 2017年 9月12日  カテゴリー: 卒業生

こんにちは。

本日は、8月に紹介した卒業生のWeddingの続きです。Weddingのブログの反響はやっぱり大きいですね。特に、卒業生がたくさん登場すると特にそうかな。。。お待たせしました。あの人も出てきますよ。。。

続きを読む ...

315. Voice from 福原先生 in Calgary (2)

毛利史生 2017年 8月24日  カテゴリー: 在学生 | 教員

本日、2回目の更新です。カルガリーにいる福原先生から声が届きましたよ。そのまま掲載いたします。

クサバちゃん、見てる?福原先生からですよ!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

続きを読む ...

314. オープンキャンパス2017(JP and Sakata-san)

毛利史生 2017年 8月24日  カテゴリー: イベント

みなさん、こんにちは。

なかなか時間が取れずブログの編集が追いつきません。でも、今日は一気にいきますよ。久保先生から頂いた写真を編集してお届けします。オープンキャンパスのJP先生の模擬講義の模様です。写真から、大盛況の講義の熱、そしてアシスタントのサカタさんとの絶妙なコンビネーション感がバンバン伝わってきますよ。

 

 

続きを読む ...


次ページ →
- 1 - [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]